NAFとは  ごあいさつ  活動報告  保護区紹介  ご寄附・お問合せ
ギャラリー  トピックス  関連書籍  リンク


【No.03 平成14年11月】

アンジアマンギラーナの森林は監視森林へと正式に変更されました

平成14年11月22日
日本アイアイ・ファンド代表、マダガスカルアイアイ・ファンド名誉会長
島 泰三

皆様お元気で年末を迎えられていることと存じます。ツタの葉が色づくのも日本ならではだなあ、と日本に帰って2年目の晩秋をようやく余裕で眺めています。
マダガスカルアイアイファンドからの最新の連絡は、10月25日付けのもので、Now the status of classified forest of Anjiamangirana is changed into Forest Station of Anjiamangirana according to the official and legal decision N°4667/2002 last 2002 October 7th. We are proceeding to send official demand to the Minister of Eaux et Forets in order for them to transmit to MAF the management of that new Forest Station. ということで、アンジアマンギラーナの森林は政府管轄下の保護区を意味する監視森林へと正式に変更されました。
この管理は、先の書面で暫定的にマダガスカルアイアイファンドに委託されていますが、これを正式に決定するように、書類を送ったということです。このあとは、合同会議、続いて正式書類の作成があって、保護区が正規に発足します。必要な資金は、牧野シスターに委託して、マダガスカルに送りましたので、これも11月2日にはマダガスカルアイアイファンドに手渡されることになっています。
ということで、保護区の設立とその管理を主題とする日本アイアイファンドの活動は、発足1年にして、保護区を実質的に設立するという節目を迎えることができるようになりました。これも皆様のご協力のおかげと深く感謝しております。

Copyright(C)2002-2018 Nihon Ayeaye Fund. All rights reserved.