NAFとは  ごあいさつ  活動報告  保護区紹介  ご寄附・お問合せ
ギャラリー  トピックス  関連書籍  リンク


【No.20 平成17年12月】

日本アイアイ・ファンド 理事会

日本アイアイ・ファンド代表
島 泰三

2005年12月2日 出席者:島、中野、清水、山吉、庄司、塚原
 午後6時から 於:本郷三丁目「麦」から島自宅に移り、午後10時すぎまで

議題1 2005年度会計報告
議題2 2005年度活動報告
議題3 2006年度予算計画および事業計画
議題4 保護区パンフレットの作成について(目次見本)
議題5 トヨタ環境活動助成プログラムについて
議題6 総会日程その他 総会日程を1月14日と決定

議題2 2005年度活動報告
2月18日、理事会
3月11日から5月24日まで島夫妻マダガスカル滞在。
マダガスカルアイアイ・ファンドとの打ち合わせ。電話、メール体制の整備、車修理。
5月、ホームページ担当小林さん、マダガスカル視察。
7月15日、理事会
8月、マダガスカルアイアイ・ファンドは保護区管理権の問題で、マダガスカル政府と交渉。
9〜10月、島代表はコマーシャルフィルム撮影隊に加わって、マダガスカル滞在(9月12日―10月14日)。
10月8日、MAFとの会議(ジルベール事務長、クローディーヌ理事、ブルノー理事、立会い:青木保)で、治水森林省の視察費用と本年度事業費を手渡した。
10月9日、ロラン理事に別途ルートからの治水森林省および現地状況を視察、説得を依頼。
10月〜11月、マダガスカルアイアイ・ファンドは、マジュンガ州政府水資源局メンバーとともにアンジアマンギラーナ監視森林現地視察と現地作業。
11月11日、音楽と対談の夕べ 下関市唐戸町カモンワーフにて。約80名参加。
11月30日、トヨタ助成決定。
今後の予定、12月23日頃、日本アイアイ・ファンド総会兼忘年会?

議題3 2006年度予算計画および事業計画
(1)2006年度予算計画
保護区生物調査費200,000
 交通費200,000
保護区管理費800,000*
 境界標識建設200,000
 保護区隣接の各村交渉100,000
 防火帯設置500,000
現地運営費600,000
 車両整備費200,000
 MAF事務所維持費100,000
 マダガスカル会議費100,000
日本側経費300,000
 絵葉書製作100,000
 連絡事務費150,000
 報告書作成費150,000
合計1,900,000円

 *:この費用のうち、半額はトヨタ助成金によってまかなえる可能性もある。

(2)別途会計
 カメラ購入補助費   200.000円
 車両購入運搬補助費  1,000,000円

(3)トヨタ助成金

本年度の事業計画
1 境界標識の建設(昨年度のつづき)
2 防火帯の設置(昨年度のつづき)
3 保護区境界隣接村民との利用協定の締結
4 保護区内生活者の区域外への誘導
5 保護区隣接自治体との環境教育プログラムについての協議
6 トヨタ環境助成プログラムによるトイレおよび環境保全映像製作プロジェクト
7 生物相調査
8 その他

議題4 保護区パンフレットの作成について(目次見本)
 表紙  保護区位置図と調査基地
 裏表紙 保護区の植物と動物たち
 1 アイアイ・ファンドとは(趣旨、活動、予算、組織、MAFとの関係)2頁
 2 アイアイ・ファンドの活動報告(設立以来2005年末まで)2頁
 3 アンジアマンギラーナ監視森林とは(重要性と規模と動物たち)2頁
 4 その他

Copyright(C)2002-2018 Nihon Ayeaye Fund. All rights reserved.