NAFとは  ごあいさつ  活動報告  保護区紹介  ご寄附・お問合せ
ギャラリー  トピックス  関連書籍  リンク


【no.44.2 平成30年8月】

「資料:大使公邸の蝶についての阿部さんの返事」

 大使公邸の蝶ですが、はい、すぐわかりました。
 どちらもタテハモドキ属ですね。世界の熱帯に広く分布します。日本だと、タテハモドキとアオタテハモドキがいます。たぶん今は九州ぐらいまで来てるのではないかと思いますが、もともと沖縄の蝶です。


青いのは「ルリモンクロタテハモドキ」(もしくは「アフリカタテハモドキ」)
英名「Blue Pansy」(英語名はパンジーなんだ!)学名Junonia oenone epiclelia



茶色っぽいのは「トガリバタテハモドキ」英名「Malagasy Chocolate Pansy」
学名Junonia goudotii です。

こちらを参照ください。
Junonia oenone :Wikimedia
Junonia goudotii (True Brushfoot sp.) :MarkEisingBirding
ルリモンクロタテハモドキ:ウィキペディア
マダガスカルの昆虫:Nature of Madagascar
タテハモドキ族のページ:ぷてろんワールド

******
 この阿部さんが参照下さいと書いた3つめのサイト(「Nature of Madagascar」)、これは、マダガスカルの動植物の種名について完璧を目指しているもので、特に植物の和名がしっかりついていること、写真に遡ることができることなどが、実にすばらしいものです。このような地味で、手間のかかる仕事をやっている人がいることが、もっと知られてもいいのでは、と思います。

Copyright(C)2002-2018 Nihon Ayeaye Fund. All rights reserved.